Pocket

自信がないの・・・

もうずっと。
どうやったら自信を取り戻せて、
充実した毎日を送れるのかな・・・。




青空
私は若い頃から、極端に言えば、

再婚するまで、
この状態が続いていました(-_-;)

自信がないのって、
一言で言うと
自分でやる事を見つけられない状態なんです。




だから、

本当にやる事がなくなるし、
「おこもり」状態になってしまう。

自分が「この世」に必要とされているかどうかさえ、

わからなくなってしまうんですね。
なんで自分がこの世に生まれてきたのか?
何をすべきなのか????

本当にわからなくなってしまうんです。





でもね。





その人にとっての
「その時期」は必ずやってくるんです。

私は、今の主人と出会ってから、だから、
40代を過ぎてから。



若いあなたからすると、
遅いって思うでしょう??



実はね。
人生は40代から、面白くなってくるんですよ♪



そこから、本当に、
人生って捨てたもんじゃないって
展開が待ってるんです♪(´▽`*)


私は主人と一緒に神社巡りを始めて、
いろいろお参りしていくうちに、



いろいろ「はっ」とする事が
あって、

神様が、それこそ必死に
私に何かを教えてくれている事に
ようやく、気が付き始めたんです。


大丈夫♪大丈夫。

安心して!(*^-‘)b

自信を取り戻す方法を教えちゃいます♪



それでは。いってみましょう~



Sponsored Links






この世に生まれてきた訳




なんで、自分はこの世に生を受けたのか?
自分が果たすべき役割は何なのか?

考えた事がありますか?


私自身、それを考え始めたのは、
本当に早かったです。

なぜかというと、
学校に行き始める頃には、

全てが面白くないと感じていたからです。



雨音
勉強はダメだし、
スポーツも全くできない劣等生。



それ以外に、私は何か、人に勝る特技があったかというと、
これも、全く無かったんです。( ̄_ ̄ i)



ついでに幼稚園に通う頃から、
強烈ないじめられっこで、

小学生の頃は、
男の子から、殴られて、
机の上に「死ね!」と落書きされていたし、

教室ではいつも、ひとりっきり。



子供の頃は自分の居場所がなくて、
本当につらかった。



友達と遊んだ経験なんて、
ほとんどありません。


こんな状況ですから、
ティーンエイジの頃は、
「お先真っ暗」www。




「楽しい」なんて自覚した事は一度もありませんでした。


おまけに、

私の家族構成は、

絶対に完治しない難病を抱える兄。

それをずっと一人で、介護し続けてきた母。

父は、ほとんど家に帰ってこないし、
私が15歳になる春に亡くなりました。


「なんで?なんで?私はこんな苦しい思いをしないと
いけないの??」

「生まれ変われるなら、生まれ変わりたい!!!」




ずっとそう思い続けてきました。




ところが、
そんな悶々とした日々の中で、

見るとはなしに、ぱっとつけて見た
チャンネルで、

「はっ・・・!!」とするセリフが聞こえてきたんです。

「生まれてきた事自体、
自分で選んできたんだから、

そこでどーの、こーの言うのはおかしい」




えっ・・・そうなの???

この一生は、
私自身が生まれる前にわざわざ選択して
選んだ道なのか!!





絶対、納得したわけではないけど、
(笑)

心にすんなり入ってきたその言葉。




自ら、選んできたのなら、

そこから学ぶ事が絶対にある。

自分の果たすべき役割が絶対ある!!!




顏

そんな風に自覚して、
体に無理がきかない母に代わって、
兄の介護も本格的にやり始めたんです。



兄も、もともと、
この障害を持って生まれる事を選んで
生まれ落ちたんだろうか?

だったら、

兄と同じ家庭に生まれた私も、
兄を支えないといけないよな。

これは、
理屈なんかじゃない。




自分が自分に課した課題を
乗り越えられるように、

サポートするのが、
家族の役割だから、だ。



朝、2時に起床。

主人のお弁当作りと、兄の食事の準備と痰の吸引。
(胃瘻:イロウなんで、流動食を胃に直接入れるんです)

家族の朝食を準備して、
主人を送り出したあと、

娘の朝食の準備と家事。

午前中に仕事をしてから、
昼前に母の昼食準備と兄の食事。

訪問看護の看護師さんやお医者さんが来宅する時は、
彼らと兄の状態を報告しながら、

彼らが、兄の看護をしてくださいます。

夕方には、兄の介護を20年近く続けてくれている
介護スタッフの方が、兄の入浴に来るので、

それの応対とお茶出し。

晩御飯を作ったら、すぐに娘を保育所に迎えに行きます。

また、
2か月に一度は、兄がお世話になっている病院に
ショートステイという形で、兄が入院するので、

それの準備もしないといけません。


訪問してくださるスタッフが来る時は、
バタバタになるんだけど、






それは自分で選んだ道・環境なんだと
思えば、きっちりこなせます。


私には、神様の声は直接届かないし、
お姿も見えないんだけど、



何等かの形で、
メッセージは届くんです。



今でも、何かに困った時、迷った時は、
神様・仏様に尋ねます。






何等かの形で、メッセージが届くので、
今は、昔に比べると、かなり自信が付きました。



いつも、神様はそばにいるから。です(^^)


同時に、
私は、この世に生まれてきて、
いろいろな苦い経験を積んだあとで、

素晴らしい主人と知り合え、
「ママが大好き!」と言ってくれる娘にも
恵まれました。




家族という生きがいを見つけられた事に、
心から感謝しているけど、

自信をつけるためには、
ちょっとしたコツがあるんです♪
(*^-‘)b

それをちょこっと紹介しますね♪



根拠のない自信の作り方



Sponsored Links

自分はできるんだ!と思う、
自信をつけるのは、

ものすごく簡単なんです。
(´▽`*)






どうするか?というと、

自分の中で、
「私は、偉いんだ。スゴイんだ!!」
自分の中で宣言しちゃうこと。(笑)






少女
要は自覚するか、しないかにかかってるんだから、
自分で自分が「エライんだ!」と自覚すれば、

不安は一挙に消えてしまう、という事です!!(^^)


すぐに否定的な考えが浮かんできても、
それに負けないで、毎日、宣言しつづけてください。

自分の中で信念になるまで続ける事。
これが何より大事なんですね♪







それと、
自分の望んでいる物を、より具体的に映像化して、
頭の中でムービーのように流すんです。

これは、瞑想したあと、
頭の中でやるのが効果的なんですが、

私はじっとしたまま、瞑想するのが、
ダメなんですね。( ̄- ̄;)

何かをしながら、
体を動かしてないと、瞑想できないんです。




だから、

毎朝、早朝ウォーキングを続けているんですが、

その時、
神様・仏様に話しかけ、日頃の感謝を伝えてから、

頭の中で、自分が「こうなりたい!」と望む物を
映像化して、頭の中で流しているんです。
(^^)

これは、本当に効果があって、
歩いている最中に、瞑想していると、

途中でウグイスが鳴いたり、
ヒグラシが鳴いたり・・・。

私が住んでいるところは、
住宅地で、普通、ウグイスとかヒグラシが鳴くなんて
あり得ないんですが、



歩いている最中に
突然、彼らの鳴き声が聞えると、

まるで、
本当に神様が一緒に側に居てくれている感覚になれるんですね。

「ヨシヨシ。がんばってるな!
ワシらは見ているぞ!信念になるまで、
続けなさい♪」

って言われている感じです。(^^)




小さい夢は、これでどんどん、叶ったけど、
今は、ちょっと大きな夢があるんで、
それに向けて、

がんばって瞑想しています♪

そんなに簡単に叶う夢ではないんで、
信念になるまで、毎日がんばってみようと思います。



別に、誰かに話す訳じゃないんで、
誰にどう思われようが関係ないんです。

自分を見ていてくださっている神様・仏様に
伝えて、

「これが私の望みです。

お力添えをよろしくお願い申し上げます」

とお願いする。

すると、本当に彼らはお力を貸してくださいます。



今、世間で話題になっている
成功者の方々は、絶対にこの力を使っているんです。

根拠のない自信を信念になるまで、
自分の中で繰り返し、繰り返し、

宣言しつづけ、映像化しつづける。




すると、

忘れた頃に、突然、その夢は叶います。



あなたはひとりじゃないんです。

大丈夫!!

あきらめないで。自分の夢が信念に変わるまで、
宣言しつづけてください。
(*^-‘)b



Sponsored Links




ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪