Pocket

子供が学校の宿題をやらない!

そのたびに叱るんだけど、
うるさがられてる気がする(;´Д`A “`

どうしたらいいの?




当然、しかっちゃいますよね!!



親としては当然の事なんだけど、
そんな時は、
どうすればいいのか、

ちょっとスピリチュアル的に
考えると
見えてくるものがあるんです。




今回、とても貴重な体験が
できたので、

あなたにも報告しますね♪(*゜▽゜)ノ

Sponsored Links

子育てのイライラはどうやって解消する?



私には小学2年生の娘がいるんです。



どの親でもそうなんでしょうが、
なんとか子供には、
早く自分の「道」を見つけて、
その夢を実現させるために
がんばって欲しいと願うもの。




だから、
習い事をさせたり、
勉強しろ!と毎日怒ったりするわけです。



我が家の場合も、

子供が小さいころから
神社に行って、
娘の事を祈願してきました。



親として、
子供の人生を導くというのは
理想的な形ではあるんでしょうが、

なんせ私には経験もないし、
どうすればいいかがわからない。



困った時の神頼み!(笑)
ではないけど、



やっぱり迷った時は
何もかもおわかりの
神様・仏様に頼った方が間違いない!

と強く思ったからです。www



何か習い事させた方がいいんと違う?

と主人にも相談したんですが、
主人曰く、

本人が「やる」というまで待つしかない。

とのこと。



確かに



確かに本人がその気にならないと
ものにならない、

という理屈はわかるんです。



でも、


やるべき事はできるだけ早く
取り掛かった方が、
将来的に考えても、
得策に違いないのも事実。



どーんと構えて、
何も気にしていないという雰囲気を
漂わす主人に、

若干焦りを感じました。(-o-;



だから、


周りの子供たちが
水泳だ!ピアノだ!
英語だ!そろばんだ!
バレエだ!と教室に通い出しているのを
見ながら、
私も、正直、イライラしてたんです。


困った時は神様・仏様のお導きに委ねる

ところがある日突然、

娘が小学校1年が
間もなく終わる時期になって、

公文やる~♪と言い出した♪



おおっ(*゜▽゜)ノ

っと思った私はすぐに
歩いて数分のところにある教室に
体験で行かせ、通わせだしたんです。



同時に、参拝した神社
伏見稲荷大社北野天満宮など)
にお礼参りに行かなければ♪♪
と思いましたし、

相談する手紙を書いた空海さんにも
お礼の手紙を書きました。



神様・仏様に委ねていれば
大丈夫なんだ♪

お任せしていよう(#^_^#)




と余裕も出てきちゃったりして。(笑)



とにかく、

自分で何がしたいかを
見つけるには、
最良の選択なのだ!!と強く実感できました。



公文というのは、
本人ができるレベルより
若干下のレベルから、

毎日、10枚くらいの
プリントをやっていく
というものなんです。



しかも



問題は毎回、同じ問題とか
似通った問題ばかり。



徹底的に、基礎を叩き込むという
という学習方法は、



今後、彼女が何を選択するにしても、
欠かせないメソッド。



娘が第一歩を踏み出すための
最初の選択としては、

最適な道を選ばせていただけたと思いました。


私も大船に乗ったような
心境になって、

こちらも、のらりくらりと
公文に通う娘の送り迎えを続ける事にしたんです。


生まれる前からやる事をプログラミングしてくる




ところが、




その後も順調・・・といけば
良かったんでしょうが、

そんな訳ないんですよね(笑)


毎日、毎日、
同じような問題を続けていると、
本人も、飽きがくるんでしょうか。

その辺まで詳細は
確認してませんが、


時々、学校の学童保育でプリントを
やってこない日が目立ちだしたんです。
(~_~;
(宿題はいつも、
学童保育でやってくるように
言っていました。)



そのたびに、
私が娘に注意するんですが、

娘は泣いて抵抗するばかり。



どうしたもんじゃろか・・・(;´▽`A“



本当に困りました。



そうしているところに、
今度は、

公文の英語やる~♪」と言い出した!!


おいおいおいおい!!!
(;´▽`A“

英語やるってのはうれしいけど、

今やってる国語と算数でも、
できなくなってて、

先生に注意されてるんやろ???

ほんまにできるんかいな??


内心、とてもうれしくは
なってたんだけど、

やはりちょっと

心配になって、
娘と真剣に向き合いました。


そして、

勉強量が増えると、
学校の宿題もあって
本当に大変になること。

英語ばっかりやって、
国語と算数ができなくなると、
公文をやめなくちゃいけなくなること等々・・・。



その辺りは適当なんだけど、
(おいおいおいおい 笑)



一生懸命に娘に説明しました。



しかしながら、

娘はニコニコして

うんうん!できる♪
とうれしそうに
うなずくばかり・・・。


公文の先生にも
相談してみました。



するとやはり、

本人がやる気になったら
やるのが、一番いい時期、
とのこと。



まぁ、あちらも商売だから、
止める事はしないだろうけど、



とりあえず、
Goサインを出して、
先日、レベルチェックのための
試験(今の娘のレベルをチェックするための
テストが行われるんです)
を受けさせました。



結果は、試験問題は全問正解で
まったく問題なし、

とのこと。



こうなると、
もうやらざるを得ないですよね(;´▽`A“。



どうやら、

人間というものは
生まれる前に、どんな事をしたいか、
やるべきかを、

あらかじめプログラミングして
生まれてくるんだそうです。




そして、


そのプログラミングが実行できる環境を
自ら選んで(親を選んで)生まれてくるんですね♪



子供と共に親も努力する

Sponsored Links

その日の晩、
ウキウキの娘と薄暗い道を歩いて帰宅。



帰宅後、
娘はさっそく、
ランドセルを取り出して、

明日の時間割しなくちゃ!

と言って、
ランドセルに教科書を詰め、

明日からは、なかよし(学童保育)で
算数と国語をやってから帰るね。

おうちでは、英語(音読があるため)と
学校の宿題をやるようにする!



と宣言。




言うは簡単だけど、
実行するのにはまだ時間がかかるなぁ~(;^_^A




と思いましたが、
それでも、自分で自覚できたというところは、
進歩した!と思いました
(#^_^#)



それから



毎日、帰宅する娘の顔を見ては、

公文やってきた???

と聞くんです。(笑)




やってきてない日は、
黙って、にまぁ~と笑ってる。(笑)



なので、夜、
リビングでテレビを見ている娘の前に
公文のプリントと筆箱を置いて、

テレビに飽きてくるのをひたすら待ちます。
www



そろそろかな?
と思うと、娘の側に行って、
公文をするように、うながします。



すると娘はやり始めるんですね。



やっている娘に時々声を掛けます。


うわぁ~!
だいぶスピードあがってきたやん!!

すごいねぇ~www



よくがんばったね!
ここまでやれるなんて天才や!

(かなりオーバーに)




正直、娘は、
集中してプリントだけやりません(笑)

手元にある、おもちゃとか、
タブレットとか、触りまくって、

一生懸命、私に話しかけるんです。








最近気が付いたんですが、
子供って自分を見てほしいんですね。



関心を寄せると、子供は集中する。




だから

とりあえず、プリントを持って帰ってくると
予想される日は、



昼に30分でもしっかり寝ておく(笑)。



そして、
夜は、プリントをやり終えるまで側で見てやる。



つまり



子供と同時に親の努力も絶対に必要で、

それは、子供にしっかり自覚ができて
自分をコントロールできるまで
ずっとしていかなければいけないんです。


少し前に見たテレビドラマでも

印象的なセリフがありました。

子供との絆は
自然とできるものじゃない。

作るものなんです

と。




子供の将来については、
心配だし、親としてできる事はないか?

いろいろ考えるものですが、

心配しなくても神様・仏様は、
子供が自ら行動するように
導いてくれるものなんですね。



だから、

焦って子供をせかせるより、
何か子供が「やりたい!」と言い出すまで
見守ってあげる事が肝心。




だって、あの世に居る時に、
私たちは、今世の人生の計画を考えてくるから。




だから、

イザ自分の好きな事に
取り組みだしたら、

親も努力を惜しまない事
大切!
という事。




すごくありがたい事に
私は、この事を身をもって
学ばせていただいてるんですね。(#^_^#)



終わりに

学校は自宅から歩いて
5分もかからない距離にあるんですが、

いつも、娘は
学校まで私を連れて行くんです。



前日、9時過ぎまで
一緒にプリントをやって、
お風呂にはいってから
眠りました。

翌朝、一緒に玄関を出てから
手をつないで坂道をくだっていると、

歩きながら娘が私の手を握りしめ、

「ママ、大好き!!」

と言ってくれました。(o^―^o)ニコ

これだけで、
もう何もいらないですよねwwww。

最高に幸せな瞬間を味わえたひとときでした。





Sponsored Links

ぽちっ!としてもらえるとうれしいデス♪